ルーフテントや自動車

エブリィワゴン最強軽キャンピングカー化計画

今日は今まで楽しみにしていたGTKチューンを、我が家の軽キャンピングカーに施工しました。

ATF交換

エブリィワゴンATFはまだ全然綺麗ですが、思うところあって近くのイエローハットで、WAKO’Sオイル持ち込み交換。

GTK-Ⅲh/HSP/ GTK-Ⅲh/HSP/

シエンタと同様にAT用、エンジン用オイルパンにもGTK-Ⅲh/HSP/を貼りつけます。

エキゾースト7

エキゾーストのストレートパイプにはエキゾースト7を取り付けます。 今日はステンレスバンド2個で固定しました。

GTK-ⅢST

フロントのスタビライザーにはスタビクリップを前後サスにはシエンタ同様GTK-ⅢSTを1枚ずつ貼りつけました。

ソルティル

タイヤにはソルティルを4枚ずつ貼りました。

スタビクリップ

エブリィワゴンにもフロントのスタビライザーにはスタビクリップを巻き付けます。

バーサスアシスト(フロント)

フロントコイルにはバーサスアシストを取り付け。

この青い部分の内側にGTKシールが貼ってあります。

ピークリップ

エアコンホースに取り付けたピークリップです。

GTK-Ⅲ/HSP

エンジンヘッドに取り付けたGTK-Ⅲ/HSPです。

GTK-Ⅲ/NEXT

エアフィルターはブローバイのオイルで汚いので、MPフィルターを取り付けず、GTK NEXT及びステルスを貼りつけました。

MPフィルターはオイルキャッチタンク取り付け後に使用する予定です。

とにかくエンジンをかけたら、アイドリングなのにいきなり2500回転までエンジンが回ってしまいました。

すぐに落ち着きましたが、シールを貼っただけで、これと言って何もしていないの、大きな変化がありました。

これは本当に不思議です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。