ルーフテントや自動車

真冬のルーフテントなんて、、、、、

大学は北大の水産学部で札幌と函館にいたんだけど、その頃は全然平気だった。
 
逆に季節の変化を心底楽しんでいたくらい。
 
今から3年半前、日本に戻ってきたころは本当に寒さに弱かった。
 
その頃は、寒いのが苦痛を通り越して悲しいというか、寂しさまで感じてしまい心底バリ島へ戻りたくなった。
 
しかし、常夏のインドネシア出身の嫁さんは自分より14歳若いせいか平気らしい。
 
ましてや生粋の南国育ちも娘たちは、全然平気なようで布団は超薄い。
 
厚い布団なんてきせれば、寝ていてもあっという間にキックしてしまう。
 
その頃には真冬のルーフテント何て全く考えられなかった。
 
そのためによくお客さんに聞かれたが、正直に
 
「使っているお客さんは結構暖かかったよ。」
 
と言ってくれますが、自分には試す根性がありません。」 という無責任な返事しかできませんでした。  
 
そのくせ環境にちょっとうるさいので、極力省エネを心がけて、自動車の運転だけでなく、普段の冷暖房にも気を使っています。
 
そのため車中泊の際にもアイドリングでの冷暖房はしない、を心がけています。
 
だから余計に隣で一晩アイドリングをしている人がいると、うるさいのも加わって非常に気になります。
 
「お前ら責任取って酸素作ることできるのか。」って言いたくなります。  
 
話はそれましたが、寒さに弱いくせに暖房を極力使わないのでかなり辛かったです。
 
そのお蔭か最近寒さに強くなったようで、真冬にルーフテントで9日間車中泊してもすごく快適に感じました。
 
もちろん、蓄熱マットという最強アイテムを使ってのことですが。
 
今年は仕事のために部屋の暖房を使ったのはまだ一晩だけです。
 
しかも冷え込みが厳しくなってきた夜2時以降。 寒さって鍛えられるものなのですね。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。