家族

太陽光発電

来月我が家にも太陽光発電が取り付けられる。

親父が気にいったみたいで積水ハイム純正品を取り付けることになりました。

しかし、安心な分非常に高い、驚くほど。

それがきっかけで自分も太陽光発電事業に興味を持つことになりました。

事業と言っても設置してほったらかしにしておくだけど。

現在何とか実現に向けて奔走中。

 

自分は現在42歳であるが、まだ娘は長女でさえ7歳、ましてや4女は8ヶ月。。。

それに嫁さんは14歳も年が離れている。

自分よりかなり若い嫁さんをもらったのは良いけど、大きな問題に気が付いた。

自分の頃には年金なんてほぼ当てにならないと思う。

それで、自分が死んだ後の生活を考えてやらねばならないではないか。

初めて気が付いたというより、初めて真剣に考えねばと実感が湧いたという事が正しい表現かも。

 

そこで浮かんだのが太陽光発電事業、これなら自分が死んでからも僅かでもお金が入ってくる。

素晴らしいことだと思う。

しかし、政府の今後の見解がはっきりしない。

42円で買い取り延長らしいと新聞に発表された2,3日後大臣が買い取り価格を値下げしてもいいと言っている。

値下がりするとすれば、残る期間僅か2ヶ月、間に合えばいいのだけれど。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。