ルーフテントで安いだけの車中泊でなく、自由で楽しく快適にできるようサポートします。
  • ルーフテントで車中泊
  • 軽キャンピングカー

断熱処理

Pocket

断熱処理にはウレタンフォームを使います。                

ウレタンフォーム

ウレタンフォーム(エアータイトフォーム)

自分は自作ハイエースキャンピングカーでウレタンフォーム12本を使用しました。

ウレタンフォームというのは、缶入りホイップクリームみたいにプシュッと吹くとみるみる内に泡が膨らんできて、そのまま固まってしまうものです。

自分の場合、エアータイトフォームという製品を使用しました。

DIYでウレタンフォーム施工天井内張り

ハイエースDXの天井には全く断熱材が入っていません。

雨音と断熱のために施工が必須です。

トリム内側の断熱荷室トリム内側

ここも全く断熱材がなく、鉄板1枚です。

このままでは暑くて、寒いのは当然です。

スライドドアの断熱スライドドア内

構造上全体には比較的施工しづらいですが、頑張ってみましょう。

リアハッチの断熱リアハッチ内
ほとんど施工できるところはありませんが、折角ですので施工しましょう。

ハイエースキャンピングカーの断熱にウレタンフォームを採用した理由

  • 気泡が独立しているため水分を吸収しないのでカビが発生しません。
  • 隙間があればどこへでも吹き付けることができます。
  • 吹き付けるだけですので施工が簡単です。
  • 多少コツが必要ですが壁面でも施工できます。

 

断熱材豆知識

グラスウールには気を付けましょう

もちろん、多くの方がご存知のように、グラスウールの難点はチクチクして取り扱いがたいへんなことです。

しかし、キャンピングカーに使用するには、それ以外にも大きな欠点があります。

それはグラスウールがきちんとビニールに入っていないと結露等によって発生した水分を含んでしまいます。

そうするとその水分によって断熱材がカビの温床になってしまい健康も害しますし、臭いも大変です。

もちろん、1つ1つグラスウールが密 閉してあれば問題ありません。

もともとビニールに入れられているので設置面積の広い箇所には問題ないでしょうが、ハイエースのキャンピングカー化の際は設置場所に合わせて小さくしなければなりません。

それらを1つ1つビニールで包むなんて面倒なことはやってられないと思います。

メリットは何と言っても価格 が安いことですし、最近はチクチクしない製品も販売されています。

実は自分もチクチクしない高級グラスウール買ってしまいましたが、施工が大変なので使用しませんでした。

新品なので捨てるのは勿体ないし・・・、処分に困ってしまいました。

グラスウールの断熱性

住宅などでグラスウールがよく使われ ているので、グラスウールの断熱性が最強だと思われている方が多いと思います。
(実は自分もそうでした。)

しかし、実はこれは大きな間違いで、住宅で使用 されているのは単にコストが安いからだけのようです。

一般的には同じ厚さならウレタンフォームのほうが断熱性がずっと高いということです。

それもあってハイエースキャンピングカー自作キットにはウレタンフォームを採用しました。

自作ハイエース キャンピングカーで使用した感想。

自分の車の感想は、一言「断熱はキャンピングカーには絶対に必要」だ。ということです。

もう少し丁寧に説明すると、キャンピングカーというより、ハイエースDXには絶対に必要だということです。

ただし、スーパーGLに関しては、ある程度は断熱処理がされていますので、人それぞれだと思います。

自分の乗っているハイエースDXには後部座席部分にエアコンや暖房がありません。

しかも、もともとの断熱処理は皆無と言ってよい状態、要するに外界との隔たりはほぼ鉄板1枚。

さらに追い討ちをかけるがごとく、エアコンの風量は乗用車と比較して、かなり弱い気がします。(自分の車だけ?)

これでは、普通の乗用車の2倍近くある室内にエアコンや暖房が利く訳がありません。

そんな自分のハイエース キャンピングカーは前席だけのしょぼいエアコンのみで、暖房、冷房がバッチリ効いています。

これだけ違えばやらなきゃ損と言っても過言ではないでしょう。

Pocket

ご連絡はいつでも対応できる携帯へ(年中対応) TEL 090-9268-4212 (固定 0563-75-0327)受付時間 9:00 - 21:00

PAGETOP
Copyright © 有限会社 ダイキ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。