ルーフテントで安いだけの車中泊でなく、自由で楽しく快適にできるようサポートします。
  • ルーフテントで車中泊

断熱処理作業その2

Pocket

ハイエース自作キャンピングカーの断熱作業の続き

ウレタンフォーム⑪ウレタンフォームを塗ります

少しずつウレタンフォームを塗っていきます。

写真より少し少な目が良いでしょう。

トリムを元に戻します。⑫トリムを元に戻します。

ウレタンフォームがハイエース車体についてしまうと上手に取れないので気を付けてください。

取っての取り付け⑬取っ手などを取り付けます。

ルームランプや 取っ手、ピラーカバーなどを元に戻します。

ケーブルの配線⑭ソーラーパネル用のケーブル配線

ウレタンフォームを使うともうトリムをはずせません。

ケーブル配線を先にしてしてください。

ウレタンフォーム⑮ウレタンフォームを塗り、取り付けます。

後部のトリムにウレタンフォームを塗りましょう。あまり塗りすぎないように。

ウレタンフォーム⑯ウレタンフォームを塗り、取り付けます。

中央のトリムにウレタンフォームを塗りましょう。

ここが一番大きいので取り付けづらいです。

ウレタンフォーム⑰ウレタンフォームを荷室に塗ります。

コツは少しずつほそく塗っていくことです。

そうでないと落ちてきてしまいます。

ウレタンフォーム⑰スライドドアにも塗ります。

ドアの開閉の邪魔にならない場所にウレタンフォームをどんどん塗っていきます。

ウレタンフォーム⑰リアハッチに塗ります。

塗れる場所は僅かですがリアハッチもウレタンフォームを塗ります。

バックカメラバックカメラを取り付けます。

ハッチのトリムを取り付ける前にバックカメラを取り付けます。

ハイエースの断熱処理の際に気を付けること。

ハイエースの屋根部(トリム)にはあまり多く塗らないこと。

あまり厚く塗るとクリップが届かず取り付けれなくなります。(ウレタンフォームで接着されますので落ちてはきませんが。)

私も1か所やってしまいました。

荷室やスライドドアの施工時は焦らずゆっくり、細く、少しずつ吐出して塗っていくこと。

一気に塗るとたくさん出てくるので塗ったウレタンフォームがほとんど落ちてきてしまいます。

自分はこのことに気が付くまでかなり時間がかかりました。

 

ハイエース自作キャンピングカーのトップへ

Pocket

ご連絡はいつでも対応できる携帯へ(年中対応) TEL 090-9268-4212 (固定 0563-65-0907)受付時間 9:00 - 21:00

PAGETOP
Copyright © 有限会社 ダイキ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。