ルーフテントで安いだけの車中泊でなく、自由で楽しく快適にできるようサポートします。
  • ルーフテントで車中泊
  • 軽キャンピングカー

ルーフテント ”イージーキャンパー” シリーズ総販売元

  • HOME »
  • ルーフテント ”イージーキャンパー” シリーズ総販売元
Pocket

ルーフテントのことならお任せください。

ルーフテント

当社はルーフテント”イージーキャンパー シリーズ”の総販売元です。

キャンピングカーにも負けないほどの快適な車中泊に必要とされる 「簡単な開閉」「安全性」そして「強度」を追い求めた結果、3種類のルーフテントを販売しています。

その良さを実感するためには是非他のルーフテントと実際に比較してみてください。

中古キャンピングカー

 

森が責任を持ってアドバイスします

森 茂樹私森は1年中、時間が取れる限り家族6人で車中泊旅行をしています。

1年のうちの1ヶ月間は、ルーフテントの中で寝ています。

その経験を生かして、皆様に適切なアドバイスをさせていただきます。

逆に言うと1年のうち30日は地元にいないことになりますので、お越しの際は必ず事前にご確認願います。

 

 

リモコン開閉タイプ

ルーフテント”イージーキャンパー レボリューション”イージーキャンパー レボリューション

日本には今までなかったリモコンで開閉するルーフテントです。

ルーフテントを使い続けている者だけに分かるルーフテントの欠点を解決しました。

まさにルーフテント業界に革命を起こします。


ルーフテントの定番です。

ルーフテントの展開状態イージーキャンパー タワー

当社が開業から販売している信頼のベストセラーです。

ダンパー方式で簡単に展開することができます。

新型になり非常に質感、使いやすさがアップしました。


薄型軽量タイプ

アーバンライトイージーキャンパー アーバンZ

薄くて軽量、しかも強度にもこだわったルーフテントです。

今までルーフテントが欲しくても、立体駐車場のため購入できなかった方のためのルーフテントです。


ルーフテントのご相談

 

ルーフテントとは

上の写真をご覧になればわかると思いますが、文字通り自動車の屋根(ROOF)に取り付けるテント(TENT)のことです。

展開に必要なのはハンドルを回すか、リモコンのスイッチを押すだけ。

ものの2、3分あればあなたの愛車がキャンピングカー並み、それ以上の快適な寝室に変身し、快適な車中泊が約束されます。

 

費用はキャンピングカーの10分の1?

ルーフテントの価格

ルーフテントはあなたの愛車がそのまま使えるので、費用が格安です。

キャリア代金を入れた総額でもハイエースクラスのキャンピングカーの10分の1未満!

しかもサイズが小さいので福山通運で全国発送可能!

もちろん、愛車を乗り換えた際もルーフテントは載せ替え可能で非常に経済的です。


 

車中泊をしてみると、その快適さは想像以上

ルーフテントの快適さ

多くの方の感想が一応に驚かれるのが、見た目よりずっと広いということです。

見た目は確かにデカいルーフボックス程度ですが、実際に中に入って寝てみると、思っていたのとは大違いで大人二人が十分に寝れる広さで非常に快適です。

しかも、多くの方が冬場にもご利用なされています。


 

ルーフテントの快適さは風通しの良さからきます。

ルーフテントの快適性

ルーフテントの一番の特徴は自動車の上にあることですよね。熱くなった地面から遠い屋根の上でしかも風通しが抜群!

夏の夜のルーフテントの中は自動車内よりずっと快適です。
取り付けが非常に簡単です。


 

ルーフテントは取り付けも簡単です。

ルーフテントの取り付け取り付けは簡単、男性が二人いれば十分に取り付けることができます。

遠方の方はわざわざ愛知県までお越しになる必要はありませんのでご心配なく。

ちなみに二人とも非力ですが問題なくルーフテントを持ち上げることができました。

 


タワーレボリューションの徹底比較

展開の早さ REV ベルトが多いため外すのに少々時間が必要。(とは言っても1分前後です。)その後の展開は自体は2分弱です。
TOW ロックを外せばあとは一瞬で展開完了、僅か数十秒でしょう。
展開の簡単さ REV ベルトを外すのが少々面倒。展開自体はリモコンのスイッチを入れるだけなので、非常に楽。
TOW 作業はロックを外すだけで非常に簡単です。
閉める際の利便性 REV テント生地がはみ出しても僅か、それに電動で閉まっているいる最中に棒で軽く押せば簡単に収まので、非常に楽である。
TOW ダンパーの力が強く、少々閉めるのに手間がかかる。(時間はかかりません。)テント生地が四方に結構はみ出すので、屋根が閉まる前にルーフテントの周りを1周して奥に入れる必要がある。
アドバイス

展開に関してはタワーのほうが早い。しかし、レボリューションも全く問題のないレベル。

閉める際はテント生地を奥に入れる面倒臭さを考えると圧倒的にレボリューションのほうが楽だと思います。タワーは閉める時に少々慣れが必要。

重量 REV ハシゴ、マットも含めて63kg
TOW マットを含めて65kg
内寸 REV 200(L)x120(W)x110/85cm(H)
TOW 190(L)x120(W)x90cm(H) 長さはマットのサイズ
外寸 REV 215(L)x130(W)x31/33cm(H) 33cmはハシゴの部分
TOW 205(L)x126(W)x36cm(H)
雨の際の使用 REV 樹脂製の大きなひさしがあり、あまり濡れずにすむ。風の強さによるが網戸にしてもほとんど降りこまない。
TOW 庇がないので網戸にしていると雨が吹き込んでしまう。
風に対する強度 REV フレーム構造で非常に強く、風が強くてもグラグラしなく、従来のルーフテントと比較して圧倒的な安定感を誇る。
TOW レボリューションと比べると弱いが、十分なレベル
結露対策 REV 屋根部が2重構造であることとベンチレーターがあるので、従来品のルーフテントと比較して圧倒的に結露し辛い。
TOW 冬季はかなり結露します。
室内の居住性 REV 室内に柱やギアがないため、グリースがついてしまう可能性がなく非常に快適です。
TOW 高さがあるので、かなり開放感があります。
履物置き場 REV 2か所の履物入れがあり、ルーフテント室内や自動車の天井を汚す心配がない。
TOW 履物入れがないので自動車の屋根の上に置くか、ルーフテントの室内保管。
アドバイス

快適さに関しては、大きなひさしがあったり、結露対策がされているレボリューションのほうに軍配があがります。

ただし、開放感に関してはタワーも高さが増して100cm以上になったのでレボリューションに劣ることはありません。

展開に関してはダンパー式になったことで、レボリューション以上に楽になりました。

Pocket

ご連絡はいつでも対応できる携帯へ(年中対応) TEL 090-9268-4212 (固定 0563-75-0327)受付時間 9:00 - 21:00

ルーフテント ”イージーキャンパー” シリーズ総販売元

有限会社 ダイキ

本社
〒444-0316
愛知県西尾市羽塚町寅山43-2

一色工場
〒 444-0401
西尾市一色町池田池丑新田2番地

電話番号 0563-750327
       090-9268-4212

e-mail: info@enjoycamper.com

PAGETOP
Copyright © 有限会社 ダイキ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.