イージーキャンパー アーバンZ

薄型ルーフテントアーバンZ 入荷しました!

定価307,000円(税込み331,560円 

 

お待たせしました、在庫十分にございます。

展開時内部サイズ 約L200xW135cmx90cm(マット上から)

収納時外部サイズ 約L215xW152cmx25cm 
(軽自動車の車幅を超えてしまいますので軽自動車には取り付け不可です。)

重さ 80kg(他のルーフテントより15kg以上重いです。)

アーバンライト

とりあえず入荷時に製品チェックをした際の写真でお許しください。

中古キャンピングカー ルーフテント イージーキャンパー アーバンZ

サイズは閉じた状態で約215cm×152cm×25cm

思っていたよりずっと屋根や床部はしっかりしていましたが、その反面重さは78kgもあります。

薄型ルーフテント

工場から送られてきた写真では気づきませんでしたが、前からよく見ると中央部分が膨らんでいます。

そのため2~3cm程度厚みが増しますが、ルーフテント内にハシゴを収めることができます。

薄型ルーフテント

ボックス自体の高さは薄いですが、下に写真のように補強と取り付けのためのレールがあります。

そのため実際には高さは25cm程度となります。

薄型ルーフテント展開時

展開時はこんな感じです。

ルーフテントアーバンZの展開

フックを外して軽くも持ち上げるとダンパーで簡単に持ち上がります。

まずは入り口側を展開し、次に逆側を展開します。

アーバンZ室内

室内の様子です。

中には左上に写っているのは2m近いLEDランプです。(12VUSBがついた電源が必要です。)

サイズは幅が135cmありますので、かなりきつめですが小さなお子さんと3人で寝れると思います。

 

森からのルーフテント選びのアドバイス

このルーフテントは構造上弱くなってしまうダンパー式タワー型の弱点を

「この手があったのか!!!」

と驚くような方法でカバーしている画期的なものです。

ただ、メリットだけでなくデメリットもありますので、ご購入前に下記内容をしっかり考慮してください。

 

このルーフテントの良さは何と言っても薄さです。

レボリューションよりも約8cm、タワーよりも約11cmも薄くなります。

そのため今まで立体駐車場の高さ制限のためルーフテントを諦めていた方にも、ルーフテントを取り付けられる可能性がでてきます。

また、その構造上当社ルーフテントでは風に対して最も丈夫だと思われます。

それに室内幅が他のルーフテントが120cmに対して135cmあります。

 

逆にデメリットも色々あります。

室内高はレボリューションが85~110cm、タワーが110cmあるのに対してこのルーフテントは90cmと低いです。

他の2つのルーフテントと比べると圧迫感があるのは否めません。(比べなければ気にならないと思います。)

135cmある室内幅は広いというメリットである反面、当然収納時の幅が広がり軽自動車に取り付けることができなくなります。

また、それだけでなくタワーやレボリューションよりも10kg以上もアップしてしまい78kgもあります。

薄型というメリットも逆に荷物が入らなくなるというデメリットもあります。

 

各地のルーフテント “EasyCamper Tower” の代理店

マッツ

 

 

神奈川県のルーフテント販売代理店さんです。
担当者は松本さん

兵庫県のルーフテント販売店

 

 

兵庫県加古川市の販売代理店さんです。

担当は岩坪さん

 

 

ルーフテントのご相談

 

ご注文フォーム
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。