ルーフテントで安いだけの車中泊でなく、自由で楽しく快適にできるようサポートします。
  • ルーフテントで車中泊
  • 軽キャンピングカー

キャンピングカーVSルーフテント

Pocket

キャンピングカーは欲しいけど・・・・ 

vs

 

キャンピングカーに憧れている人は非常に多いと思います。

しかし、キャンピングカーは色々と敷居が高いですよね。

家族が6人に増えるまで、さんざん悩みました。

1. 価格の問題
2. 普段使用にはあまりにも大きすぎる。
3. 燃費が悪い

このような問題があり結局諦めざるをえませんでした・・・

それでも諦めきれず何か良い方法がないかと情報を探しまくりました。

それで出会ったのが究極の車中泊グッズ ”ルーフテント” です。

よく考えてみると実際にキャンピングカーを購入しても

  • トイレがあっても汚物処理が嫌でまず使いそうもない。
  • キッチンは狭いし、汚水の処理もしなければならないのでまず使いそうもない。
  • 省電力のLEDが普及しポータブル電源でも夜間に照明が十分とれる。
  • 思い切って高価なキャンピングカーを買っても、なかなか使用する機会がない。

実際には車中泊をする際に、”キャンピングカーが欲しい=ベッドが欲しい”であってルーフテントで十分だと思いました。

ここではキャンピングカーとルーフテントのメリット、デメリットを比較してみます。

意外とルーフテントのメリットは多いことに驚くかもしれません。

  キャンピングカー ルーフテント
価格 軽キャンピングカーでも200万円~ 当社の売279,800円~
キッチン    

キッチンはあるが排水処理が必要で滅多に使用しない。

主に使うのはコーヒーやお茶を入れる時だけ。

実際には旅行で外食、コンビニ弁当になるので不具合はない。

コーヒーやお茶を入れるのはカセットコンロで十分。

トイレ

汚水の処理が嫌で、購入後全く使わない人がかなり多い。

実際には道の駅やサービスエリア、コンビニで済ませてしまう人がほとんど。

当然、ルーフテントにはトイレはありません。

道の駅やサービスエリアが充実している今、車中泊の際トイレには困らない。

日常の使用 日常の使用には大きすぎ、他にも車を持つ場合が多い。  ルーフテントは今お使いの車をそのまま使えます。
電源について  

電源用サブバッテリーがついているものが多い。

旅行の際、実際に使うのは照明程度などの消費電力の少ない電気機器がほとんど。

ポータブル電源と検索すれば1万円くらいから簡易電源装置が購入できます。

それだけで照明程度の電源は十分に確保できてしまいます。

車の故障 致命的な故障があった場合は、すべてが駄目に・・・ 自動車を買い替えても移動できるのでとても経済的。
快適性    

ある程度涼しい環境でも、風通しが悪く熱がこもりかなり暑い。

冬場はFFヒーターがあれば家のよう。

四方に網戸があり、風通しが抜群で結構涼しく快適。

冬場は寒いが外気温より2~3度高く、想像以上に暖かい。

悪天候 車の中ですので風雨に対してかなり強く、安心感は高い。 それでも極力悪天候は避けましょう。
Pocket

ご連絡はいつでも対応できる携帯へ(年中対応) TEL 090-9268-4212 (固定 0563-75-0327)受付時間 9:00 - 21:00

ルーフテント ”イージーキャンパー” シリーズ総販売元

有限会社 ダイキ

本社
〒444-0316
愛知県西尾市羽塚町寅山43-2

一色工場
〒 444-0401
西尾市一色町池田池丑新田2番地

電話番号 0563-750327
       090-9268-4212

e-mail: info@enjoycamper.com

PAGETOP
Copyright © 有限会社 ダイキ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.