ルーフテントで安いだけの車中泊でなく、自由で楽しく快適にできるようサポートします。
  • ルーフテントで車中泊
  • 軽キャンピングカー

冬場のルーフテント泊

Pocket

蓄熱マットがあればルーフテントは冬でも安心?

といううことで、12月11日最低気温が0℃前後になったので実際に蓄熱マットがどの程度寒い冬に有効か試してみました。

もちろん11月下旬にも試していますが、冷え込みが足りず、お客さんに胸を張ってお勧めすることはできません。

外気温外気温は夜11時37分の就寝直前の時点で5.8℃とかなり寒いです。

ただし、この温度計はLEDライトについている物で精度はかなり怪しいです。(汗

ルーフテントに乗り込みます寒い中寝る前に読む本を持ってルーフテントに乗り込みます。

写真を見るとすごく多くの服を着込んでいるように見えますが、実際には着ている服は、シャツ、スウェット、ジャンパーの3枚です。これだけですと屋外では寒すぎます。

着ぶくれしているのではなく単なるデブです。(笑)

ルーフテント室内

布団のなかはポカポカです。

これだけ暖かければ全然問題ありません、それどころか下から心地よい温度で背中が温まり非常に心地よいですね。

写真だけですと毛布1枚に見えますが、この中に羽毛布団1枚入っています。

外気温

朝7時15分頃のルーフテント室内の温度です。1.3℃とかなり寒いですが、布団のなかはまだポッカポカです。

これ以上冷えてもある程度なら布団を足せばまだまだ大丈夫そうです。

これで冬でもルーフテント内で快適に寝れることが証明されました。

生産メーカー発表では7時間ということになっていますが、蓄熱終了後からこの時点ですでに7時間半は経過しています。

布団をきちんとかけてさえいれば蓄熱時間はかなり長いようです。

ルーフテントの外に出る時かなりヒヤッとしたので外気は0℃かそれ以下ではなかったでしょうか。

ちなみにネットの天気予報で7時の気温を見ると名古屋で-0.2℃でした。

冬のルーフテントの使用のちょっとした工夫

ルーフテントの出入り口からはどうしても隙間があり、風が入ってきてしまいます。

私が言うのも何ですが、結構寒いんです。。。

この問題はちょっとした工夫を2つするだけでかなり防ぐことができてしまいます。

ルーフテントのハシゴかけ

特にハシゴをかける側の出入り口は、ハシゴによる隙間が大きくあいてしまいます。それを解消するにはルーフテント脇に縦方向のバーを取り付け、それにハシゴを架けるようにします。

当社のお客さんの多くはルーフテントの取り付けにキャリアを3本使用しています。

キャリアは1本では購入できませんので3本使用するとバーが1本残ります。それを利用してルーフテント脇に縦方向のバーを取り付けます。接続には写真のようにINNOのクロスホルダーを使用します。

縦方向のバーがあることは隙間風が入りにくくなるだけでなく、その他の2つのメリットもあります。

1つはルーフテントの入り口に取っ手がつくことによりルーフテントへの乗り降りが非常に楽になります。2つ目はルーフテントをハシゴを架けることがなくなるのでルーフテントへの負担が減ります。(もちろん、今までにトラブルはありませんが。)

ルーフテントの冬対策

もう1つの工夫は写真のように出入り口のテント生地を外に垂れ下げるのではなく、ルーフテントの室内に入れ込んでしまいます。そしてその上から掛け布団をかけてしまいます。

そうすれば掛け布団の重さで隙間がふさがれこれによってかなり風の侵入を防げます。

電源さえあれば蓄熱式電気アンカが安価です。

電気アンカ

上の写真ではルーフテント内ではなく車内ですが、寝袋(シュラフ)に蓄熱式電気アンカを入れて子供たちが気持ちよくすやすやと寝ています。

この蓄熱式電気アンカは弊社では取り扱っていませんが、2000円前後と非常に安く買うことができます。

蓄熱式電気アンカのメリットは安いだけでなく、蓄熱時間も非常に短いことです。

デメリットは蓄熱マットほど暖かい面積が広くないこと、最大必要電力が400W で一般の自動車用の12Vシガーソケット用のインバータでは電力が不足なことです。

ですので一般的にはサブバッテリーを取り付けたキャンピングカーのみになってしまいます。

年末年始に9日間ルーフテント泊をしてきました。

冬のルーフテント泊

我が家には小さな子供がいるため今まで冬場のルーフテント泊は避けてきました。
この度ハイエースのキャンピングカーを化したことと、蓄熱マットという最強車中泊アイテムが揃ったので長期車中泊旅行に行くことにしました。
そして、クリスマスの25日夜~正月2日にかけて小豆島へ旅行へ行ってまいりました。

実は大したことがなかった冬場のルーフテント泊

正直言って真冬のルーフテント泊は蓄熱マットかその他の何かがないと厳しいと思い込んでいました。
蓄熱マットを使って快適なのは当たり前。蓄熱マットなしでルーフテントがどの程度いけるのか確認することはルーフテント屋の使命と思っていましたが、16年間バリ島で暮らしていた自分にはハードルが高く先送りに。。。
その旅行の最中ちょっとマヌケま失敗によって、蒲団のみでのルーフテント泊の実行をすることになりました。
というのは蓄熱マットのスイッチを入れ忘れ、「あれっ、今日は暖かくなるのが遅いなあ。」と思いましたが十分に快適だったので気持ちよく寝てしまいました。
それでスイ
ッチが入っていないことに気が付いたのは、トイレのため目が覚めた真夜中3時、、、、
要するに「しっかりと蒲団をかぶっていれば全然真冬でも大丈夫。」
ということです。結局朝まで全然寒く感じることはありませんでした。
ちなみにこの時は掛け布団2枚、毛布1枚、下は毛布なしで電気なしの蓄熱マット(毛布代わりになっているかも?)、着ていたのは長袖シャツ、スウェット、ジャンパーの3枚です。

大きな問題は1つ結露

ただし、寒くないからと言って問題がない訳ではではありません。
これは蓄熱マットを使おうが使わなかろうが避けられない問題ですが、ルーフテントの内外の気温差が結構あるため結露が結構すごいことです。
そのためほかっておくとどうしても布団の縁が濡れてしまいます。できたら目が覚める度にタオルでふき取るとよいでしょう。
見落としがちですがルーフテント天井部のキルティングも結露により濡れてきます。連泊するとかなり濡れてきますので出来れば昼間何かを見学する時はルーフテントを展開して乾かすとよいでしょう。それが無理ならタオルでふくとよいです。
次回の冬季ルーフテント泊では充電式の除湿機を使おうと思っています。

Pocket

ご連絡はいつでも対応できる携帯へ(年中対応) TEL 090-9268-4212 (固定 0563-75-0327)受付時間 9:00 - 21:00

ルーフテント ”イージーキャンパー” シリーズ総販売元

有限会社 ダイキ

本社
〒444-0316
愛知県西尾市羽塚町寅山43-2

一色工場
〒 444-0401
西尾市一色町池田池丑新田2番地

電話番号 0563-750327
       090-9268-4212

e-mail: info@enjoycamper.com

PAGETOP
Copyright © 有限会社 ダイキ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.