キャンピングカーの選び方

キャンピングカーには色々な種類があります。

キャンピングカー

キャンピングカーと一口に言っても色々なしゅり種類があります。

ここでは折角苦労してキャンピングカーを購入して、後悔する人が非常に多いのは確かです。

ここでは後悔しないように、各種キャンピングカーのメリット、デメリットをお伝えしようと思います。

 

 キャブコン(本格的キャンピングカー)

キャブコンきっと皆さんが想像される憧れのキャンピングカーです。

普及しているのは1.5tのトラックを改造しているタイプの物です。

車内にはトイレ、台所、シャワー、FFヒーターなどが完備されていて、小さな家のような自動車です。

しかし、デメリットも多くあるのも事実です。

キャブコンを購入する際の注意

長さは5m未満に抑えてあるものが多いですが、幅が2mを超えるものが多く、慣れない方には少々運転が厳しいと思います。

ほとんどのキャブコンは見て分かる通り、非常に重く、常に最大積載量の荷物を載せているようなものでパワー不足が否めません。

特にガソリン車ですとベース車が2000ccのものが多く、高速道路の坂道では悲惨と言っていいほどの状態です。

日本車ならそんなにひどいことはないだろうとお考えの方が多いと思いますが、それは甘いです。

本当に信じられないほど走りません。

トルクが太いディーゼル車は3000cc前後のものが多いですが、それでも走りが悪いのは否めません。

購入する際はまずはキャンピングカー販売店で試乗させてくれれば絶対に試乗するべきです。

それが無理ならば、キャンピングカーをレンタルして試してから購入しましょう。

また、FRが多いのですが雪道や砂利道等の道路では特に滑りやすいので気を付けましょう。

よく雪道を走る人は4WDを選びましょう。

それで納得してから購入したほうが絶対に無難です。

無駄なものは取り付けない。

特にトイレは処理が嫌で最後まで使わない方が多いです。

トイレを設置すればその分居室が狭くなるし、コストもかかります。

よく考えたほうが無駄がありません。

 

 バンコン(ハイエースやキャラバンを改造したキャンピングカー)

レンタル キャンピングカー 愛知ハイエースやキャラバンをベースにしたキャンピングカーで、サイズ的に価格的にもバランスが取れていると思います。

もちろん、ハイエースをベースにしたバンコンでも一般的には400万円オーバーとなってしまいます。

サイズの大きいスーパーロングが使用されるのが一般的です。

自分は普通サイズとスーパーロングの両方を使ったことがあります。

スーパーロングですと、四国や小豆島の八十八ケ所巡りでは信じられないような細い道が多く、取り回しが大変でした。

逆に普通サイズのハイエースやキャラバンですと、荷物がベッドの下になるので、荷物の出し入れが大変でした。

バンコンを購入する際の注意

バンコン同様やはりパワー不足で本当に走らないことで、自分は高速道路の1車線では非常に苦労します。

このキャラバンは2400ccガソリンエンジンですが、高速道路のきつめの上り坂ではアクセルをべた踏みしても80kmしか速度がでません。

その点、ハイエースの普通ボディーディーゼルターボの時は走り自体には問題を感じたことがありませんでした。

ただ旧坂の砂利道、しかも上った先が急カーブの場所で非常に苦労しまし、何度も勢いを付けて上って登り切りました。

普通の乗用車は普通に登れるような場所です。

このようにキャブコン同様滑りやすいので、よく雪道を走る人は4WDを選びましょう。

 

軽キャンピングカー

車中泊旅行準備

時間に制約がない気ままな旅行には小回りの利く軽自動車十分ではないでしょうか。

軽キャンピングカーにルーフテントをつければ家族4人が十分快適に就寝することだってできます。

それにサイドオーニングと100V電源用サブバッテリーを取り付ければ結構本格的なキャンピングカーとなりオートキャンプだって楽しめます。

軽キャンピングカーを購入する際の注意

軽キャンピングカーはキャンピングカーとは言ってもやはり軽自動車ですので、どうしても広さに限界があります。

軽キャンピングカーに色々な装備を付ければ付けるほど就寝スペースがどんどん狭くなってしまいます。

装備が色々付いているものは一見豪華に見えますが、寝てみると窮屈なことが多ので、一度横になってみることが大事です。

また、普通車と比較すると高速道路ではやはり安定性に欠けますので、一度試乗してみる必要があると思います。

ルーフテント

ルーフテント

確かにキャンピングカーではありませんが、工夫をすればキャンピングカーに負けないほど快適に寝ることができます。

ミニバンの後部座席にスノコ4枚を敷いて、その上にマットを敷きます。

スノコを余分に敷くだけのことで普通のベッドと変わらないほどの快適さで大人2人が寝ることができます。

それにルーフテントを取り付ければ家族4人が快適に寝ることができてしまいます。

ただし、収納場所が不足していますので荷物のやり場に悩まされます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。